C i n e m a    T h e r a p y

​2.孤独を感じているあなたに

『ナイト・オン・ザ・プラネット』1992

監督 ジム・ジャームッシュ

​出演 ウィノナ・ライダー

ジーナ・ローランズ 他

原題は『NIGHT ON EARTH』。

​いつも邦題には悩まされるものですが、この作品に関してはその内容のコケティッシュさから、『ナイト・オン・ザ・プラネット』がとても似合っている気がします。

  

ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキ。

5つの都市で、同時刻に走るタクシーで巻き起こる、ドライバーと乗客の物語。

  

一見、バラバラに見える人間たちと出来事ですが、始まりから終わりまで、ちゃんと一貫性があるのです。

​人生いろいろ、と言ってしまえば簡単。

世界中どんな土地にいても、どんな時刻、どんなタクシーに乗っていても、人間らしさは爆発です。

まさに、夜の地球をつついて、つまみ食いするような感覚。

  

  

幸せのかたちは人それぞれ。

不幸もまた、人それぞれです。

どっちが上で下で、辛くて楽で、なんて、測れないものと思ってまず間違いない。

   

人種も、性別も、差別も、好みも、生き方そのものも、何でもアリ!

この世界なんて、そんなもの!

  

まずはそう認めてみることから始めませんか?

主張を止めてみる。

私のほうが、あなたのほうが、

もっとこうしたほうが、もっとこうしないほうが、と考えるのを止めてみる。

思考を止めて、ただ味わう映画がこれです、『ナイト・オン・ザ・プラネット』。

  

そしてこの星を、高い高いところから見ようとしてみる。

自分の場所はどこに見えるでしょう?

どの程度のものに、見えるのでしょう?

 

  

作家のマルセル・プルーストは著書『失われた時を求めて』の中でこう言います。

「発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。」

この世界、何でもアリなのだと受け入れてみたとしたら、

何が見えてくるのでしょう。

  

今、この時間にあなたはどんな過ごし方をしていますか?

孤独の大きさは如何ほどですか?

同じ時間に、世界ではどんな人たちがどんなことを思っているのでしょうか。

わからないけれど、きっと想像以上のことがあらゆる場所で起こっているでしょう。

そして、ひとつひとつの本質は、どこにいたって何も変わらないのかもしれないのです。

  

何でもアリだし、みんな同じだし、何も変わらない。

だとしたら。

この星にはあなたと同じ孤独がいっぱい。

いっぱい、ひしめき合って、ひとりひとりに降り注ぐのは、

みんな同じだというあたたかさなのかもしれません。

世界を受け入れるとは、そのちょっとしたあたたかさを感じてみることなのかも。

​ぜひ、ジム・ジャームッシュ監督の、世界を包むあたたかさを感じ取ってみてください。

  

​孤独のあたたかさで、世界はつながるのかもしれません。

続きは「シネマサプリ」へ

無料メールマガジン「雨粒の手紙」で

近況やニュースとともにシネマサプリとしてお届けします

購読をご希望の方はトップページから→

メールアドレスを送信してください

​購読停止も簡単なのでお気軽にどうぞ

  

Cinema Therapy を

カウンセリングの中でもおこないませんか?

あなたのストーリーをぜひお聴かせください​

​© 2016 カウンセリングルーム雨の庭 All Rights Reserved. 

 

​新潟オフィス:新潟市中央区西堀前通3-719-1-3C

(東京オフィスは現在 引越し準備中)

​ 

​mail :  aisaitou@icloud.com